お知らせ・トピックス

2018/03/01筋肉のお話

全身の筋肉は約200種、650個ほどあり男性は平均体重の約45%、女性は約36%を占めています。

◆生活習慣病と筋肉
筋肉の減少は脂肪を蓄積させ肥満を招くだけではなく、心筋梗塞や糖尿病、高血圧などの生活習慣病の原因にもなります。血中の糖を筋肉内に取り込むという重要な働きを担っている骨格筋が減ると、血糖調節にも悪影響を及ぼします。筋肉量や握力の低下はアルツハイマー型認知症になりやすいという報告もあります。
高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が重なって起こるメタボリックシンドロームの予防と改善には基礎代謝を高めることが重要です。

基礎代謝を高めるには・・・
@エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使う
Aウォーキングなどの軽めの運動
Bある程度強度のある運動(スクワット、ヒップエクステンション、椅子に座って膝上げ、腕立て伏せ)

◆ロコモチェック
ロコモティブシンドロームは早期発見が大切です。以下の項目でチェックしてみましょう。

@片足立ちで靴下が履けない
A家の中でつまずいたり、すべったりする
B階段を上るのに手すりが必要である
C家のやや重い仕事が困難である(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)
D2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である(1リットルの牛乳パック2個程度)
E15分くらい続けて歩くことができない
F横断歩道を青信号で渡りきれない

1つでも該当する場合ロコモティブシンドロームの可能性があります。



毎日少しずつでも運動して、バランスのよい食事を心がけて生活しましょう。

Copyright © aiseikan-building pharmacy All Rights Reserved.