お知らせ・トピックス

2018/07/03熱中症について

最近随分と暑くなってきましたね!
海やアウトドアに行かれる方も増えてくるかと思います♪
今回は熱中症対策についてご紹介致します。

☆熱中症の主な症状☆
・めまい、立ちくらみ、吐き気、筋肉のけいれんなど
この他にも重度になると意識を失う、呼びかけに反応しないなど最悪の場合生死に関わることもあります。

☆予防・対策☆
・屋外では日陰を歩く
・こまめに水分や塩分を補給する
・汗を吸収しやすい肌着を着用する

☆熱中症が疑われる場合には☆
・日陰や涼しい所に避難する
・氷や冷たいペットボトルを首筋や脇の下などに当てる
・意識がはっきりとしているなら、スポーツドリンクや経口補水液などを飲む

近くにいる人に熱中症が疑われるときは、受け答えがはっきりとしているときであれば水分を取らせることは可能ですが、意識がないときや呼びかけに応答がない場合は誤って水分が気道に流れ込む危険性があります。
また、吐き気を訴えていたり既に嘔吐している場合には胃腸の動きが鈍くなっている証拠ですので水分は取らせないほうがよいです。
体を冷却させるなどの応急処置をして救急車を要請するのが最適です。

小さなお子様やご高齢の方は特に注意が必要になります。
しっかりと予防・対策をして楽しい夏をお過ごしください♪

Copyright © aiseikan-building pharmacy All Rights Reserved.